中村学園事業部とは

中村学園事業部の概要をご紹介します。

中村学園事業部とは
  
中村学園事業部とは サービス紹介 食育普及活動
安全指導
産学協同
教育 部内報紹介 採用情報

ごあいさつ

事業理事
事業理事
末松 祐而

 中村学園事業部は学校法人中村学園が経営する収益事業部門です。

 中村学園はそもそも栄養士を養成する学校から始まりましたので、事業部は卒業する栄養士の受け皿(就職先)として、受託給食を主業に昭和34年に創設されました。

 それからおおよそ半世紀、草創のころの食糧事情とは違い、今や国が政策を掲げてメタボリックシンドロームの予防改善に取り組む時代ですが、私たちは50年前から産学協同を標榜し、一貫して「栄養改善・食生活改善」(=食育)を創設の精神としてまいりました。

 また、事業部の収益の一部を中村学園の学校の経営に充てることが「寄附行為」として定められていますが、おかげさまで業績も安定していることもあり、昨今では私学が経営する収益事業の希少な成功例として多方面から注目されているところです。

 現在ご契約いただいている受託先は福岡県を中心として、南は鹿児島から東は東京・横浜・千葉までと広がり、受託内容もオフィス給食・工場給食・学校給食・病院給食・シルバー施設給食・福祉施設給食・ケータリングサービスとさまざまなニーズにお応えいたしております。

 経営の基本方針としては、

  1. コンプライアンス経営の徹底
  2. お客様へ食の安全・安心の提供
  3. お客様第一主義の推進

 の3項目を柱として掲げています。つまり、企業としてまず法令や社会規範を遵守し、お客様の安全や健康を考え、そして「ありがとう」経営に徹することを根幹としております。

 この業界にあって私どもは決して大きくも派手さもありませんが、「山椒は小粒でもぴりりと辛い」の言葉のごとく着実に基本方針を実践することで、大きく社会に貢献したいと考えております。


創設の精神
本事業部が行う給食事業を通して、栄養改善ならびに食生活改善を実際的に具体化すると共に併せて中村学園の発展向上に寄与する。
基本理念
中村学園事業部は、おいしいものを安く気持ちよく提供し、このことを通して、広く社会に貢献する。

このページの先頭へ