食育普及活動報告

食育普及活動の
ご紹介です

食育普及活動報告
  
中村学園事業部とは サービス紹介 食育普及活動
安全指導
産学協同
教育 部内報紹介 採用情報

特定健康診査・特定保健指導

 糖尿病、脳卒中、心筋梗塞、脂質異常症といった生活習慣病が年々、増えています。その要因のひとつとしてメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が注目され、あらためて体をつくる食生活の大切さが見直されています。

 2008年4月から特定健康診査・特定保健指導が始まりました。生活習慣病の予防を目的に、40〜74歳の保険加入者に対して実施される健康診断で、メタボリックのリスクを持つ受診者には、医師や保健師、管理栄養士などが生活習慣改善の指導を行うことが義務づけられました。今後、食生活指導ができるプロへのニーズが、高まると予想されます。中村学園事業部の創設の精神は「給食事業を通じて、栄養改善ならびに食生活改善を具現化する」。この時代に果たすべき役割は大きいと自負し、先進性を発揮していきます。

このページの先頭へ